ホーム >  設置方法【設置方法】

壁掛けするなら抑えておきたい 壁構造について

壁掛けをするためには、まず壁の種類、及び構造を調べる必要があります。
難しく感じるかもしれませんが、ポイントさえわかれば簡単です。
以下のステップにそって、壁の構造を調べてみましょう。

  1. 一般的な壁の構造に関する説明のため、建物の工法により壁の構造が異なる場合があります。あくまでも判断の目安としてください。
  2. ご自身での判断に不安がある場合、当店もしくはお近くの施工業者までご相談ください。

壁の種類を判別

壁には、コンクリート壁、石膏ボード壁、木壁、土壁、砂壁などがあります。
以下のステップにそって壁の種類を見分けてみましょう。

LOOKSTEP1
まずは見てみる

壁を見てみましょう。見るだけで判断できるのは、以上のような壁でしょうか。
壁紙(クロス)が壁に貼ってあって見た目だけでは壁の素材が判断できない場合はSTEP2へ進みます。

KNOCKSTEP2
ノックしてみる

壁をノックして音を聞いてみて下さい。
文字で表現するのは難しいのですが、
「ペチペチ」というような、詰まった固い音の場合は、コンクリートに直接壁紙(クロス)を貼っている可能性が高いです。
「コンコン」というような、壁の裏側に響く音の場合は、石膏ボードに壁紙を貼っている可能性が高いです。
ここでは、可能性が高いということを踏まえてSTEP3へ進みます。

STABSTEP3
ピンなどの細い針を壁に刺してみる(※壁に穴をあけたくない方はSTEP4へお進みください。)

ピンなどの細い針を目立たない場所に刺してみます。
1箇所刺さらなかっただけで「刺さらない」と判断せず、位置を左右どちらかに10cm程ずらしながら、何度かピンをさしてみてください。

  • ●STEP2でのノック音が「ペチペチ」で、壁のどこにもピンが刺さらない場合、コンクリート壁である可能性が限りなく高いです。
    「可能性が限りなく高い」で不安な方は、
    ・壁紙の一部を剥がす
    ・その壁にコンセント口があれば、STEP4

    の方法で、直接壁の材質をみます。
  • ●STEP2でのノック音が「コンコン」で、壁にピンが刺さった場合、
    ピンの先端を見てみます。
    ピンの先端に白い粉がついていれば、石膏ボードの壁です。
  • ●ピンの先端に白い粉がついていない場合、べニア板のような厚さの薄い木壁でしょうか。
    この場合も、
    ・壁紙の一部を剥がす
    ・その壁にコンセント口があれば、STEP4

    の方法で、直接壁の材質をみます。

REMOVESTEP4
コンセント口をはずしてみる

対象となる壁にコンセント口があれば、コンセントのカバーを外すことで直接壁の材質をみることができます。壁の断面をドライバー等で軽くなぞってみて白い粉がつくようであれば、石膏ボード壁です。

※ 安全のため確認するコンセントの電源回路ブレーカーをOFFにしてから作業してください。

壁の種類による壁掛け方法の検討

  • コンクリート壁の場合

    コンクリートアンカー等を使用し固定することで、壁掛けが可能です。
    DIYでの設置に関しては、DIYが得意な方であれば可能だと思われますが、自信のない方は施工業者にご依頼いただいた方がよいと思います。

  • 木壁の場合

    木壁の厚みがポイントとなります。「壁の種類を判別のSTEP4」の方法で、壁断面の厚さを測ってください。目安として、木の厚さが12mm以上あり壁自体に十分な強度があれば、木壁に直接ネジ固定することで壁掛けが可能です。厚みのないべニア板等の場合は、壁の裏側にある下地(間柱)にネジ固定する事で壁掛けが可能です。
    詳しくは「壁の下地(間柱)について」をご覧ください。

    ※アームタイプ金具注意点※
    「アームの伸縮」による壁への負荷は、相応になります。
    施工にあたっては、しっかりとした間柱に対し設置頂くか、テレビと金具の合計重量とアームを伸ばした時の負荷に耐えられる補強を行った壁に万全に設置頂くよう、施工者様と十分にお打ち合わせください。

  • 土壁/砂壁の場合

    弊社では、基本的に壁掛け不可と判断しています。
    ただ、状況により壁掛け可能な場合もありますので、施工業者にご確認ください。

  • 石膏ボードの場合

    「壁の下地(間柱)にネジ固定する」もしくは「壁美人(ホッチキス止め)」で壁掛けが可能です。
    ネジ止め式をご検討の場合、「壁の下地(間柱)について」をご覧ください。

壁の下地(間柱)について — 一般的に以下の3種類

  • 木造壁下地工法

    主に木造住宅で使われる工法ですが、マンション・鉄筋コンクリート住宅などでも、壁下地に木が使われる場合があります。

    木造壁下地に木ネジ等で固定することで、安全な壁掛けが可能です。

  • 軽鉄壁下地工法

    LGS工法とも呼ばれます。
    主に鉄骨住宅、鉄筋コンクリート住宅、マンションなどで使われる工法です。

    LGS工法の場合、壁裏の状況により壁掛け可能か判断が異なります。
    施工業者にご確認ください。

  • GL工法

    コンクリート壁に、特殊なボンドを使い石膏ボードを張り付ける工法です。
    主に鉄骨住宅、鉄筋コンクリート住宅、マンションなどで使われる工法です。

    GL工法の場合、壁裏の状況により壁掛け可能か判断が異なります。
    施工業者にご確認ください。

道具別 壁下地の探し方

壁裏センサー ― 電気的に壁裏の状態をサーチするので、壁に穴をあけずにすみます

壁裏センサーをセットし、左から右へゆっくり移動させます。
・センサーが反応したら、印をつけます
・右から左へゆっくり移動させます
・センサーが反応したら、印をつけます
印をつけた中間点が下地の中心点となります。

針式下地探し器 ― 実際に針を壁にさして下地を探します

実際に壁に針をさし、「針が途中(一般的には12mm)まで刺さる場所」を探します。
12mmというのは石膏ボードの厚みとなります。
つまり12mm針がささって、それ以上ささらなければ、その場所が下地(間柱)となります。
ただし、その場所が下地(間柱)の中心点かどうかはわかりませんので、ご注意ください。

磁石 ― 下地を見つけた場合、磁石を使う事で下地が木か金属か判断します

下地部分に磁石を押し当て、壁にくっつくようであれば軽鉄。くっつかなければ木と判断します。

壁掛け工事専門業者のご紹介も承っております!

間柱が見つからなかったり、補強が必要な場合など専門業者に任せた方が良いケースもあります。
またテレビの天吊りをする場合、個人での設置には大変なリスクが伴いますので、確実に安全に設置出来る専門業者での設置をご検討下さい。

少しでも不安を感じたら、是非ご相談ください。ご要望に応じて、配線の隠ぺいなども美しく仕上げます!弊社提携の工事専門業者からご連絡致します。

木造住宅の木壁はもちろんのこと、コンクリート壁などの特別な技術・機材の必要なケースにも対応できます。
テレビ壁掛け工事・テレビ天吊り工事のことならSP DIRECTにお任せください!

基本料金表(税込)

テレビ壁掛け工事
~22インチ 12,650~
23~26インチ 14,650~
27~32インチ 21,000~
33~42インチ 24,150~
43~50インチ 31,500~
51~65インチ 42,000~
66インチ~ 63,000~
※金具の料金は除きます
テレビ天吊り工事
~22インチ 27,800~
23~26インチ 36,200~
27~32インチ 44,100~
33~42インチ 47,900~
43~46インチ~ 53,200~
※金具の料金は除きます
オプション工事
配線隠蔽(プレート込) 5,250
モール取り付け1m 1,785~
2分配器 1,770
簡易補強工事 10,500
金具選びで迷ったら!簡単検索で理想の金具をチェーック!

テレビメーカー選択:

テレビサイズ選択:

テレビ型番選択:

どこでも見積・発注 どこでもチェック!
ページの先頭へ

①当日出荷可能!②リピートおまとめ購入特価アリ!③TVセッター会員様10%OFF!④送料500円!⑤カード・代引きOK!

①当日出荷可能!②リピートおまとめ購入特価アリ!

①当日出荷可能!②リピートおまとめ購入特価アリ!③TVセッター会員様10%OFF!④送料500円!⑤カード・代引きOK!CLOSE

© starplatinum All rights reserved.

お困りならこちらからお電話を